momograph***

記憶のカケラを気まぐれに投下するだけの備忘録

#011 タンチョウと黄昏色

f:id:momograph:20211111152051j:plain

消えかけた 夕暮れ 遠ざかる あの想い出

 

 

先日の記事の続編のようなもの。

 

momograph.net

 

 

白鳥の姿に夢中になっていたら

近くで撮影をしていた男性が「こっち側にタンチョウが来たよー!」と声を掛けて下さった。

 

そろりそろりと気配を消しながら、呼ばれた方へ近づいてみた。

 

f:id:momograph:20211111152125j:plain

 

タンチョウがいた。

望遠ズームを持ち歩いていなかったことが悔やまれたが、コンデジなりに頑張って撮ってみた。

 

f:id:momograph:20211111152147j:plain


結構よく見かけるとの話だったので、仕事帰りにまた通りがかってみよう。

EF100-400mmで頑張れるかな?(望遠レンズはそれしか持ってない)

 

普段は動く被写体の写真はほとんど撮らないから練習しよう・・・

 

f:id:momograph:20211111172334j:plain

 

 

 

 

夕暮れは、誰もが優しい気持ちになれる時。

私はそんな時間が大好きだ。

 

 

スポンサーリンク